¥1,100

Preview
7拍子のレトロポップ。ファッション系のCMやスタイリッシュ感を出したいコンテンツに。

¥1,100

Preview
原曲:ジャック・オッフェンバック「天国と地獄」 運動会といえばこの曲。好プレー珍プレー、コミカル、バラエティ番組にも最適。

¥1,100

Preview
原曲:リヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」 映画「2001年宇宙の旅」で有名なアノ曲のへたっぴアレンジ。動物や子供のチャレンジ動画や初めての○○、発見、冒険にピッタリ。

¥1,100

Preview
原曲:ジュゼッペ・ヴェルディ《レクイエム》「怒りの日」 テレビやCMなどで良く耳にする有名なクラシックのアレンジ。ショッキングなシーンや絶望感を可愛らしく盛り上げます。

¥1,100

Preview
女声コーラスが不気味な浮遊感を演出する、後半に登場するノスタルジックなピアノの旋律が過去の悲しいできごとを思い起こさせる。

¥1,100

Preview
タイトルは”星を見る者” 混沌や憂いの中に少しの希望を感じさせる曲。壮大な歴史ロマンや人類の夜明けなど。「俺たちの戦いはこれからだ」的な始まり系エンディングにも最適。

¥1,100

Preview
物悲しくスローな5拍子が行き詰まり感を醸し出す。タイトルの通り悲しいメッセージや、伝承、民話、独白などの語りのシーンにピッタリ。壮大な叙情詩にも。

¥1,100

Preview
酸性雨に曝された近未来都市を俯瞰するような壮大で憂いのある曲。前途多難な旅立ちや決意、暗いオープニングにも。

¥1,100

Preview
こちらもアンニュイな感じのピアノ曲ですが、そこまで憂鬱な感じはなく安定感も感じます。ノスタルジックな雰囲気も持っていて、ポジティプな思い出を語るシーンなどにも合いそうです。

¥1,100

Preview
アルバムの中ではやや変化球となる、うっすらとした期待や、どこか飄々とした感じも感じさせるユニークな曲です。

¥1,100

Preview
「悲しさ」「つらさ」といったイメージがやや前面に出た、繊細なピアノ曲です。

¥1,100

Preview
アンニュイな感じのピアノ曲。思い出したくない過去のイメージや、重苦しい空気を表現するのにぴったりです。