¥1,100

Preview
原曲:リヒャルト・シュトラウス「ツァラトゥストラはかく語りき」 映画「2001年宇宙の旅」で有名なアノ曲のへたっぴアレンジ。動物や子供のチャレンジ動画や初めての○○、発見、冒険にピッタリ。

¥1,100

Preview
不気味な囁き声を集めました。女声4コと男声4コの計8コ入りです。意味のない言葉を囁いていますので効力はゼロ。安全に呪えます。

¥1,100

Preview
Sentimentに最適な効果音(5コ入り)。曲の冒頭や終わりに、また、ちょっと無理をした編集のつなぎ目を隠すのに使えます。

¥1,100

Preview
激しい葛藤や危機からの逃避。クライマックス前の演出ムービーや、後半ループはバトル曲としても使えそう。

¥1,100

Preview
女声コーラスが不気味な浮遊感を演出する、後半に登場するノスタルジックなピアノの旋律が過去の悲しいできごとを思い起こさせる。

¥1,100

Preview
イントロダクションやオープニングにも使えそうな、陰鬱なピアノの音色が不安や悲しいできごとを予感させる曲。ノイズ入り。

¥1,100

Preview
タイトルは”星を見る者” 混沌や憂いの中に少しの希望を感じさせる曲。壮大な歴史ロマンや人類の夜明けなど。「俺たちの戦いはこれからだ」的な始まり系エンディングにも最適。

お気に入りを表示
¥1,100

Preview
物悲しくスローな5拍子が行き詰まり感を醸し出す。タイトルの通り悲しいメッセージや、伝承、民話、独白などの語りのシーンにピッタリ。壮大な叙情詩にも。

¥1,100

Preview
酸性雨に曝された近未来都市を俯瞰するような壮大で憂いのある曲。前途多難な旅立ちや決意、暗いオープニングにも。

¥1,100

Preview
和太鼓アンサンブルと時折聞こえる尺八のフレーズが心地良い緊張感を醸し出す。隠し味に入れられたオモチャのベル音が緻密さを演出し、不思議な空間を作り出している。匠の技や伝統芸能を紹介するシーンなどに。

¥1,100

Preview
こちらもアンニュイな感じのピアノ曲ですが、そこまで憂鬱な感じはなく安定感も感じます。ノスタルジックな雰囲気も持っていて、ポジティプな思い出を語るシーンなどにも合いそうです。

¥1,100

Preview
アルバムの中ではやや変化球となる、うっすらとした期待や、どこか飄々とした感じも感じさせるユニークな曲です。